iPhoneとは?スマートフォンとの違いについて

###Site Name###
TOP > iPhoneとは?スマートフォンとの違いについて

iPhoneはアメリカカリフォルニア州に本社を置くApple社が開発したスマートフォンです。

初代モデルは2007年1月に発表され、最近では2016年3月31日に最新モデルiPhoneSEが発表されました。日本国内においては、はじめソフトバンクのみが取扱いをしていましたが、現在ではドコモやauの他、ワイモバイルや格安SIMなど多くの通信事業者が取扱いをしています。

最近では多くのメーカーからスマートフォンが発売されていますが、これらとiPhoneの大きな違いはOS(オペレーションシステム)にあります。

多くのスマートフォンがandroidやwindowsのOSを採用しているのに対して、appleは自社で開発したiOSを採用しています。

また、OSが違うため対応のアプリも異なっています。



iOS対応アプリの特徴としては、発売の際にApple社の厳正な審査が必要となります。
その為、ウィルスなどを含む悪質なアプリが出回ることはなく、私たちは安心して使うことが出来ます。



また、iPhoneは「誰でも直観的に利用できるデバイス」を意識して開発されたこともあり。

操作性はとてもシンプルです。

androidにはホームボタンの他、幾つかのボタンがあるのに対してiPhoneにはホームボタンしかありません。



そのため、初心者でも比較的直観的に操作を行うことが出来ます。日本国内では発売開始当初は若年層を中心に人気がありましたが、現在では年代に関係なく多くの利用者がいて、国内におけるスマートフォンの販売シェアでは、ダントツで1位です。